[2015/03/09 (16:30)]

非在住者が30分で起業も可能な電子居住権制度 最先端なエストニアのIT事情 | 週アスPLUS

また銀行口座の開設に現地へ行く必要があるが、これも解決の窓口をつくろうとしているところだという。今後はシード段階のスタートアップなどはまずエストニアで起業し、その後、日本や米国を視野に入れるという、ステップアップしていくようなケースも登場していくのではないだろ ...[続きを読む]

この記事に対するコメント

名前(任意)
コメント
BACK TO TOP